mission(役割)

1.キリスト教精神に基づく保育

07
  • 愛 無条件の愛を基本にしています。何かが出来るからではなくいい人だからではなく「あなたがいるから」愛するという事を大切にしています。お母さんの愛に近いです。ほめる事より共に在る事、共感を大切にします。
  • 求める心 「求めよ、そうすれば与えられる」
    何を求めているのか、したいのか、その選択の積み重ねの中に成長があり大切なことを成し遂げる力が身についてきます。
  • 感謝・祈り・謙虚さ
    見えない者への敬虔な心を養います。物事を肯定的、積極的にとらえ敬虔な心で感謝の心を持ちます。

2.保育基準、教育要領に沿った保育教育

06
  • 発達に即した保育
    個性はいろいろありますが子どもたちの発達には順序があります。一つづつをしっかりとこなすよう発達評価を確認し見通しをたてながら保育して参ります。
  • 環境による保育
    • 園庭の環境、保育室の環境、それぞれの環境を整備し子どもたちが自ら興味を持ち、やりたいときにやりたい事が落ち着いて出来るよう環境を整えます。発達に応じたおもちゃや環境、チャレンジできる環境を整えます。
    • 狭山丘陵の自然 自然に接する事で四季の変化や自然の法則などを身をもって理解します。感じる物は子どもによって違います。子どもたちの心を見つめます。
    • 園文庫 現在1,000冊以上の文庫があります。毎週貸し出しを行っています。お家で絵本を読んでもらう事で本が好きになりお家の方とのコミュニケーションにもなります。季節や発達に応じクラスの本箱を入れ替えています。
    • 健康、人間関係、環境、言葉、表現の教育要領に沿ったカリキュラム編成を行っています。

3.地域や社会との関わり

05

園児も保育者も園も社会の一員として地域に関わります。
バザー等を通してボランティア社会参加の精神を育み東日本震災やイラクの子どもたちへの援助を行っています。
地域の産業や自然に興味を持ち実際の園生活の中で関わりを持っています。

4.心、感性、情操

04

音楽、芸術、生き物、自然、農業体験などを通し豊かな心を育みます。